16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版

PC のために 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 をダウンロード

最終更新日: 28-03-2020

16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 の説明

※ご注意
新規ご利用の方は、「耳勉」宅建士2017年度版のインストールをお願いします。

試験に向けて勉強力を逆転し、宅建合格をより確かなものにするために「耳勉」は暗記力をサポートしてくれます。暗記は合格への必要十分条件です。

社会人の方にとって試験勉強は時間のない中でやらなくてはなりません。たいがいの人がテキストを理解するのが精一杯で、覚え込むまでには時間が足りないのが現状です。そこで、必要な知識を暗記するためのサポートツールがあったら、と考えました。しかも、隙間の時間を利用して手際よく暗記ができたら頼もしいですよね。そんな社会人受験者の声にお応えしてできたのが、この『耳勉』です。特に再受験の方には強い味方となります。また初受験の方には、学習をサポートする頼もしいツールとなります。

『耳勉』の学習の流れ  日本初のノイズ学習法!

では、この『耳勉』は、どのようにして暗記をしてゆくのか、説明をいたします。仕事が終わってからの試験勉強はすぐに勉強モードにはなかなか入れません。集中することは難儀なことです。そこで、すぐに集中できる方法はないかと考えました。こんな経験をされたことはありませんか。喫茶店で2つとなりのテーブルで非常に興味深い話をしている声が聞こえてきたら、つい耳がダンボになってしまう。集中して、その会話の内容を聴いていませんか。そうなのです。聴きたいことが聴きづらい状況になった際には、つい集中して聴こうとするのです。ノイズは私たちを集中させる力を持っているのです。最近の調査で東大に合格した方にどこで受験勉強をしていましたかという質問に対してリビングと答えた方が非常に多かったという報告があります。リビングには様々なノイズがあるですが、ノイズがあった方が勉強がはかどるということで、リビングでの勉強がみなおされているのです。
この聴き覚え教材『耳勉』はノイズを利用した日本で初めての学習教材です。

では、ノイズ学習法とはどのようなものなのか!

① 記憶に留める(覚える)
まず初めに聴くことによって覚える行為をします。この聴くという行為をノイズを活用することで注意意識を喚起させ、集中力を高める仕組みになっています。資格試験には覚えなければならない、その分野の専門の知識が沢山あります。そこで、その新しい知識を脳に認知させるために、『耳勉』ではノイズとして同類の専門の知識を重ね合わせて再生し、そしてその中の一つの知識に意識を集中させる取り組みをします。
この時に、注意意識が動き「聴き耳」を立てて主音声に自然に集中していきます。
音声を聴きながら新しい知識を「聴きかじって」、そして「聴き留め」いきます。続いて、集中して聴き留めたその直後に、今度は主音声のみがクラシックの調べと共に流れてきます。
これによって、聴きづらさから解放され、今度はリラックスして、こうゆうことを言っていたのかと「すり合わせる」ことで、新しい知識を認知して脳に「聴き覚えて」ゆきます。

② 記憶化する(思い出す)

次に、その聴き覚えた記憶を思い出す訓練をするために確認テストがあります。今、聴いた主音声が穴埋め問題として表示されます。この問題を読むことで聴いたばかりの音声を文字と照らし合わせて思い出させます。そして、穴埋め部分が何であるのかを考えることで、さらに聴いた音声の細部まで思い出させます。そして、解答を打ち込むことで、記憶へ定着化が進み、正解を確認することで記憶への定着化がさらに深まってゆきます。また、『耳勉』の穴埋め問題はパターン認識に陥らないように、穴埋めの場所は毎回変化します。その都度、思い出す訓練になります。
 
このように、記憶化させるために、『耳勉』では「聴き覚える」「思い出す」プロセスを一連の流れでできるようになっています。
 
③ 記憶への定着化
学習の締めくくりとして、今日は何を聴き覚えたかを思い起こして、口に出してください。例えば、帰宅の駅から自宅までの間とか、寝る前やお風呂やトイレに入っている時とか、ちょっとした時間でもいいです。今日学習したことを思い出して口に出してください。断片的でいいのです。この口に出すことが、さらに記憶に定着化を促します。

以上が『耳勉』の基本的な流れですが、時間がないときは音声だけを聞いても構いませんし、確認テストだけでももちろんOKです。自分のやりやすい活用をしてください。

『耳勉』は日本で初めてのどこにもない教材です。記憶することをやさしくした受験アプリです。あと1点で合格だったのにという悔し涙を流さないために、あなたの輝かしい未来を開くためにぜひ『耳勉』をご活用ください。そしてあなたの夢の扉を開いてください。

※『耳勉』はながら聞き教材と違い、集中力を使用しますので、運転や作業など行っている時には適しておりませんのでご注意ください。
※please note
The newer one available, please install the “MimiTsutomu” TakuKenshi 2017 edition.

Toward the test to reverse the study force, “MimiTsutomu” to the TakuKen pass the more certain ones will support the memorization force. Memorization is a necessary and sufficient condition to pass.

Test study for those of society people must be done in no time. Most likely the person is in my best to understand the text, time before Oboekomu the reality is not enough. So, if there is a support tool to memorize the necessary knowledge, I thought. In addition, but it is reliable when you are skillfully memorize using the gap of time. Was Deki to meet the voice of such a society takers, this is “MimiTsutomu”. In particular, it will be a strong ally in the person of re-examination. In addition to the direction of the first exam, it will be a reliable tool to support learning.

Learning of the flow Japan’s first noise learning method of “MimiTsutomu”!

In this “MimiTsutomu” is, How do the slide into the memorization, we will explanation. The test study of the after work does not put quite immediately to study mode. Thing is a difficulty to concentrate. So, I thought if there is no way that you can concentrate immediately. Has it ever been this kind of experience. When you hear the voice that has a very interesting story in two and made of the table at a coffee shop, with ear becomes Dumbo. Concentrate on, I do not listen to the contents of the conversation. That is right. When it becomes difficult to hear that you want to listen situation is to try to listen concentrated with. Noise is it has the power to concentrate us. There are reports that those who answered living to the recent question of where did you have the exam study to those who passed the University of Tokyo in the survey were very many. Is the living room there are a variety of noise, but that the study is more there was a noise make progress, I study in the living room has been reviewed.
This listening remember teaching materials “MimiTsutomu” is the first of learning materials in Japan that uses the noise.

So, what kind of thing of whether the noise learning method!

① keep in memory (remember)
And the act of remember by listening first of all. To draw attention consciousness in taking advantage of the noise the act of this listening, it has become a mechanism to increase the concentration. Must remember the qualification test, There are a lot of specialized knowledge in the field. Therefore, in order to recognize the new knowledge to the brain, and play by superimposing the likes of professional knowledge as noise in the “MimiTsutomu”, and make the effort to focus the attention on one of the knowledge of them.
At this time, attention consciousness will continue to concentrate naturally to the main voice make a movement “listening ear”.
The new knowledge while listening to the voice “to listen to gnaw in”, and you go “listening bear”. Then, immediately after that we stop listening to concentrate on, but this time has flowed only the main voice, along with the examination of a classic.
This is released from listening Zura is, this time to relax, that the “sliding fit” with what had been said that Yu This will snow, “I remember listening” to recognize the new knowledge to the brain.

② to memorization (recall)

Then, there is a confirmation test in order to train recall the listening remember storage. Now, the main voice heard will be displayed as a fill-in-the-blank question. The voice of just listening by reading this issue against the character reminds. Then, by considering whether the fill-in-the-blank portion is what will remind until further voice of details heard. Then, by driving the answer, the fixing has progressed to the storage, and the fixing of the storage by checking the correct answer is Yuki further deepened. In addition, fill-in-the-blank question of “MimiTsutomu” so as not to fall into the pattern recognition, the location of the fill-in-the-blank will change every time. In each case, you will be trained to remember.

In this way, in order to memorization, it can now be in the “MimiTsutomu”, “learn to listen”, “remember” the process in the series of flows.

③ fixation to the storage
At the conclusion of the study, to recall how I learned to listen to what is today, please put out the mouth. For example, Toka between the station of returning home to home, Toka when you are entered into before or bath and toilet you go to bed, it is good even a little time. Please aloud Recall that you have learned today. We want a fragmentary. Be issued in the mouth, it encourages the fixing of the further storage.

Is the basic flow of more than “MimiTsutomu,” but, It does not have to be listening to the only sound is when there is no time, of course OK just confirmation test. Please refer to the advantage of easy to do of their own.

“MimiTsutomu” is the first of nowhere materials in Japan. It is gently the exam app to store. In order not to shed vexation that although it was passed at one point after, please take advantage of all means “MimiTsutomu” in order to open your glorious future. And please open the door of your dreams.

※ “MimiTsutomu” is the difference between the materials hear while, so you use a centralized force, please note that not suitable when you are done, such as a driver and work.
2016年度法改正に対応及び都市計画法の不備の修正を行いました。

 

最小 PC 要件

最小: お使いのデバイスは、最高の経験 OS のためのこれらの要件を満たす必要があります-Windows の10バージョン10586.0 またはそれ以上の, Xbox one.

アーキテクチャ: x64、x86

 

PC 上で 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 を使用する方法

 

あなたは、あなたの PC で 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 のようなアプリケーションを使うことを夢見ていますか?pc-Windows または MAC での作業 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 を取得するには、以下の手順に従ってください。
 

[wp_ad_camp_1]

 

1. これらの Android エミュレータのいずれかをダウンロード

 

推奨:

i. Bluestacks: ダウンロードはこちら
ii. Nox ( より高速なのでお勧め ): ダウンロードはこちら

このアプリケーションは、PC/Mac ユーザーのために利用できて、そして作り付けのグーグル PlayStore を持っています。これは、コンピュータ上の電話のように動作し、あなたのコンピュータ上で 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 を実行できるようになります。

インストールプロセス全体で、アクティブなインターネット接続が必要です。

 

2. エミュレーターアプリをコンピューターにインストールする

これは、インターネット接続と PC に応じて2〜5分かかる場合があります。アプリを起動し、Gmail でサインインします。

 

インストール手順:

3. Bluestacks ホーム画面で、検索アイコンをクリックし、 “16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 ” を入力して、[検索] をクリックします。[インストール] をクリックして表示される多くのアプリケーションから適切なアプリを選択します。

4. ダウンロードしたすべてのアプリケーションがホーム画面に表示され、エミュレーターの “マイアプリ ” タブを使用して最小化またはアクセスできます。

5. アプリを起動し、pc で 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 の使用を開始します。

 

パソコンでアプリを楽しもう!!!

 

BlueStacks は安全ですか?

Bluestacks は、Windows または Mac デバイス上で Android アプリやゲームを実行するためのエミュレータです。ウィルスでも何でもないそれは完全にリスクフリーです。



1. BlueStacks を使用して PC に 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 をインストールします。


BlueStacks は、あなたが PC 上で Android アプリを実行することができますアンドロイドアプリプレーヤーです.Bluestacks を搭載した PC にアプリをインストールする手順は次のとおりです。

  • 開始するには、 PC 用 BlueStacks をインストール
  • PC で BlueStacks を起動する
  • BlueStacks が起動したら、エミュレータの [マイアプリ] ボタンをクリックします。
  • 検索する: 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版
  • 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 アプリの検索結果が表示されます。インストールする
  • あなたの Google アカウントにログインして、Bluestacks で Google Play からアプリをダウンロードしてください
  • ログイン後、インターネット接続に応じて 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 のインストール処理が開始されます。


APK ダウンロードリンク




16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版 のアプリ情報

アプリ 名 16年度宅建士試験用暗記促進アプリ「耳勉」【法改正対応】版
パッケージ名 jp.co.frontiermarket.mimiben.takken
バージョン 1.1.0
評価 ( 30 )
サイズ 109.7 MB
要件 Windows 10/8/7, Windows Surface, Mac 0S
更新
インストール 5,000+
カテゴリー Apps, Education