IoTCodeリーダー

PC のために IoTCodeリーダー をダウンロード

最終更新日: 29-03-2020

IoTCodeリーダー の説明

IoTCodeリーダーは、オリジナルのカラーの二次元コード「IoTCode」を読み取るアプリです。
IoTCodeに名刺やイベント、招待状のデータが入っている場合、そのデータを連絡先、カレンダーに登録できます。
「しゃべる名刺」対応コードを読み取ると、音声合成により自動的にスピーチ内容が再生されます。
「しゃべる年賀状」対応コードを読み取ると、メッセージが再生されます。

QRコードを読み取ることもできます。

以下のページで、名刺やイベント、招待状のデータを入れたコードを作成することができます。
https://iotcode.jp/maker/ (ユーザ登録が必要)

■操作方法
・アプリを起動し、カメラをコードにかざすと読み取りが始まります。
・読み取ったコードが名刺データ形式であった場合、「連絡先(電話帳)登録」ボタンが表示されます。イベントデータ形式もしくは招待状データ形式であった場合は、「連絡先(電話帳)登録」ボタンと「カレンダー登録」ボタンが表示されます。それをタップすることで、連絡先データを連絡先に登録したり、イベント情報をカレンダーに登録したりすることができます。

■補助機能
・以下の機種では、ガイドにコードを合わせて読み取ってください。
<docomo>
SH-01F(AQUOS PHONE ZETA) / SH-04F(AQUOS ZETA) / SO-02D(Xperia NX) / SO-03F(Xperia Z2) / SO-01G(Xperia Z3) / SO-03G(Xperia Z4) / SO-01H(Xperia Z5) / SC-03E(GALAXY S III α) / SC-04F(GALAXY S5) / SC-01G(GALAXY Note Edge) / SC-04G(GALAXY S6 edge) / SC-05G(GALAXY S6)
<au>
SHL23(AQUOS PHONE SERIE) / SHL25(AQUOS SERIE) / SOL25(Xperia ZL2) / SOL26(Xperia Z3) / SOV31(Xperia Z4) / SOV32(Xperia Z5) / SCL23(GALAXY S5) / SCL24(GALAXY Note Edge) / SCV31(GALAXY S6 edge) / HTL23(HTC J butterfly)
<SoftBank>
304SH(AQUOS Xx) / 401SO(Xperia Z3) / 402SO(Xperia Z4) / 501SO(Xperia Z5) / 404SC(GALAXY S6 edge)
<Disney Mobile on docomo>
SH-05F

・上記以外の機種では、ガイドにコードを合わせても読み取れない場合は、スマホの位置やズームを調整して読み取ってください。
・コードを読み取る環境が暗い場合、補助照明としてデバイスのライトを使う事ができます。(ライトが搭載されている場合)

・名刺データ形式やイベントデータ形式、招待状データ形式を読み取った場合、読取結果のうち電話番号、メールアドレス、住所、URLがリンクに変換されます。それ以外の場合は、メールアドレス、URLがリンクに変換されます。それぞれのリンクをタップしたときの動作は以下のとおりです。
電話番号
->電話発信確認ダイアログが表示されます。
メールアドレス
->メール編集画面に遷移します。
住所
->マップが起動し、現在地から住所までの経路が表示されます。
URL
->ブラウザが起動し、Webページが表示されます。

■要件
・「IoTCodeリーダー」アプリを使用する為には内蔵のカメラが必要です。
・読取結果からオンラインコンテンツに移動する場合、インターネット接続が必要です。(通信料はお客様負担です)

*QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です
*IoTCodeは(株)IT働楽研究所の登録商標です
The IoTCode reader is an application that reads the two-dimensional code “IoTCode” of the original color.
If IoTCode contains business cards, events, or invitation data, you can register that data in your contacts and calendar.
When you read the code corresponding to “talking business card”, the speech content is automatically reproduced by voice synthesis.
When you read “Talking New Year’s Card” correspondence code, the message will be played.

You can also read the QR code.

On the following page, you can create a code with business cards, events, invitation cards.
https://iotcode.jp/maker/ (user registration required)

Operation method
· Start up the application and start reading when you hold the camera over the code.
· If the code you read is in the business card data format, the “contact (phonebook) registration” button will be displayed. If it is event data format or invitation form data format, the “contact (phonebook) registration” button and the “calendar registration” button are displayed. By tapping on it, you can register the contact data in the contact information and register the event information in the calendar.

■ Auxiliary function
· For the following models, please read the code matching the guide.

SO-03G (Xperia Z3) / SO-03G (Xperia Z4) / SO (Xperia Z3) / SO-03F (Xperia Z3) / SO- SC – 04 G (GALAXY S 6 edge) / SC – 05 G (GALAXY S 6) / SC – 04 G (GALAXY S 5 α) / SC – 04 F (GALAXY S 5) / SC – 01 G (GALAXY Note Edge)

SOL 32 (Xperia Z 4) / SOV 32 (Xperia Z 5) / SCL 23 (GALAXY S5) / SCL 24 (GALAXY Note Edge) / SCL 24 (AQUOS PHONE SERIE) / SOL 25 (Xperia ZL 2) / SOL 26 (Xperia Z 3) / SOV 31 SCV 31 (GALAXY S 6 edge) / HTL 23 (HTC J butterfly)

304 SH (AQUOS Xx) / 401 SO (Xperia Z 3) / 402 SO (Xperia Z 4) / 501 SO (Xperia Z 5) / 404 SC (GALAXY S 6 edge)

SH-05F

· For models other than the above, please read the position and zoom of the smartphone and adjust the zoom if you can not read even if matching the code to the guide.
· If the environment for reading the code is dark, you can use the device’s light as auxiliary lighting. (When light is installed)

· When reading business card data format, event data format, invitation card data format, phone number, e-mail address, address and URL in the reading result are converted into links. Otherwise, the mail address and URL will be converted to the link. The behavior when tapping each link is as follows.
phone number
-> Call confirmation dialog will be displayed.
mail address
-> Move to the mail edit screen.
Street address
-> The map will start and the route from your current location to your address will be displayed.
URL
-> The browser starts and the web page is displayed.

■ Requirement
· In order to use “IoTCode Reader” application, built-in camera is necessary.
· Internet connection is necessary to move to online contents from the reading result. (Communication fee is paid by the customer)

* QR code is a registered trademark of DENSO WAVE INCORPORATED
* IoTCode is a registered trademark of IT Institute of Music Studies, Inc.
・軽微な不具合の修正

 

最小 PC 要件

最小: お使いのデバイスは、最高の経験 OS のためのこれらの要件を満たす必要があります-Windows の10バージョン10586.0 またはそれ以上の, Xbox one.

アーキテクチャ: x64、x86

 

PC 上で IoTCodeリーダー を使用する方法

 

あなたは、あなたの PC で IoTCodeリーダー のようなアプリケーションを使うことを夢見ていますか?pc-Windows または MAC での作業 IoTCodeリーダー を取得するには、以下の手順に従ってください。
 

[wp_ad_camp_1]

 

1. これらの Android エミュレータのいずれかをダウンロード

 

推奨:

i. Bluestacks: ダウンロードはこちら
ii. Nox ( より高速なのでお勧め ): ダウンロードはこちら

このアプリケーションは、PC/Mac ユーザーのために利用できて、そして作り付けのグーグル PlayStore を持っています。これは、コンピュータ上の電話のように動作し、あなたのコンピュータ上で IoTCodeリーダー を実行できるようになります。

インストールプロセス全体で、アクティブなインターネット接続が必要です。

 

2. エミュレーターアプリをコンピューターにインストールする

これは、インターネット接続と PC に応じて2〜5分かかる場合があります。アプリを起動し、Gmail でサインインします。

 

インストール手順:

3. Bluestacks ホーム画面で、検索アイコンをクリックし、 “IoTCodeリーダー ” を入力して、[検索] をクリックします。[インストール] をクリックして表示される多くのアプリケーションから適切なアプリを選択します。

4. ダウンロードしたすべてのアプリケーションがホーム画面に表示され、エミュレーターの “マイアプリ ” タブを使用して最小化またはアクセスできます。

5. アプリを起動し、pc で IoTCodeリーダー の使用を開始します。

 

パソコンでアプリを楽しもう!!!

 

BlueStacks は安全ですか?

Bluestacks は、Windows または Mac デバイス上で Android アプリやゲームを実行するためのエミュレータです。ウィルスでも何でもないそれは完全にリスクフリーです。



1. BlueStacks を使用して PC に IoTCodeリーダー をインストールします。


BlueStacks は、あなたが PC 上で Android アプリを実行することができますアンドロイドアプリプレーヤーです.Bluestacks を搭載した PC にアプリをインストールする手順は次のとおりです。

  • 開始するには、 PC 用 BlueStacks をインストール
  • PC で BlueStacks を起動する
  • BlueStacks が起動したら、エミュレータの [マイアプリ] ボタンをクリックします。
  • 検索する: IoTCodeリーダー
  • IoTCodeリーダー アプリの検索結果が表示されます。インストールする
  • あなたの Google アカウントにログインして、Bluestacks で Google Play からアプリをダウンロードしてください
  • ログイン後、インターネット接続に応じて IoTCodeリーダー のインストール処理が開始されます。


APK ダウンロードリンク




IoTCodeリーダー のアプリ情報

アプリ 名 IoTCodeリーダー
パッケージ名 jp.co.dorakuken.iotcodeReaderAndroid
バージョン 2.6.0
評価
サイズ 2.4 MB
要件 Windows 10/8/7, Windows Surface, Mac 0S
更新
インストール 100+
カテゴリー Apps, Tools