QualitySoft SecureStorage

PC のために QualitySoft SecureStorage をダウンロード

最終更新日: 3-04-2020

QualitySoft SecureStorage の説明

企業・法人向けオンラインストレージ「SecureStorage(以下SS)」は、お客様のセキュリティポリシーに則してセキュアかつ効率的にファイル管理・共有、ドキュメント活用を実現できるクラウドサービスです。
SecureStorageを利用することによって、これまで以上に安全なファイル共有とコスト削減を実現することで、エンタープライズモビリティが強化され、従業員の生産性を向上させることができます。
■ 管理コンソール

1. ダッシュボード
SecureStorageにアクセスしたユーザ/デバイス/アクセス元のネットワークなどを一目で把握できるサマリーを提供します。

2. ユーザログイン履歴
不正なアクセスの有無などの、ユーザログイン履歴を参照する機能です。
ログイン履歴には、認証結果、ユーザ名、デバイス、場所、日時がログとして記録されます。
ログイン時のログを確認することで「誰が」「いつ」「どこで」「どのデバイス」からアクセス、等の情報を把握できます。

3. ファイルアップロード、ダウンロード履歴
ユーザーからのファイルのアップロード、ダウンロード履歴を参照する機能です。
「ファイル名」「アップロード/ダウンロード」「ユーザ名」「デバイス種類」「日時」「ファイルサイズ」等、詳細なログを記録します。

4. ファイルリンク照会機能
ユーザーが作成したファイルリンク履歴を参照する機能です。
履歴情報には「ファイル名」「ユーザ名」「サイズ」「期限」「ダウンロード回数」が表示されます。

5. ユーザ管理
ユーザ/グループ情報を登録する機能です。「ID」「名前」「パスワード」「メールアドレス」「容量」「権限」などの設定が可能です。

6. 緊急アカウントロック
緊急対応時、情報漏洩を防ぐため、管理者が対象ユーザのアカウントを強制的に即時無効にする機能です。

7. 共有フォルダ管理
社内外で「アクセス権を有するユーザのみ」アクセスできるよう設定、管理できます。安全なファイル共有が可能です。

8. セキュリティ管理

・パスワードポリシー
企業のセキュリティポリシーに則してユーザがパスワードを厳格に管理できるように、様々なパスワードポリシーの設定機能を提供します。

・権限管理
グループごとに「リンク作成(転送)」、「フォルダ作成」の権限を付与することが可能です。

・デバイス認証
企業内のデバイス利用ポリシーに合わせてSecureStorageにアクセスするデバイスを制御することができます。

・ネットワークポリシーの設定
企業で利用しているIPアドレスをグループで分けて、拠点別に登録することができます。また、拠点別に登録したIPアドレスのみSecureStorageにアクセスできるように設定することができます。

■ ユーザー機能

1. PCにリモート接続
自分のアカウントでログイン中のパソコンに対し、他のPC、モバイルデバイスからのアクセスができます。外出先からファイルの参照が可能となります。

2. 自分専用のファイルストレージ「マイボックス」
マイボックスは社員それぞれに専用のクラウドストレージとして割り当てられる領域です。
重要データのクラウドバックアップや、保管したファイルを必要なときにPC、モバイルデバイスから自由にアクセスすることが可能です。

3. 共有フォルダを安全・柔軟に活用
社内外で安全なファイル共有を実現できる多彩な機能を提供します。
管理者が共有フォルダへのアクセス権をユーザに対して設定することで、ユーザー毎にファイルの表示やアクセスに関する制限が可能となります。
ユーザは、アクセス権の範囲内でファイルをアップロード/ダウンロードすることができます。

4. ファイル転送・共有に最適なリンク機能
簡単な操作だけで大容量ファイルを転送が可能です。ファイルの転送先にダウンロードが可能なURLを発行することができます。
リンク作成時に「パスワード」「ダウンロード回数」「期限」等の細やかなセキュリティ設定が可能なため、より安全なファイル転送ができます。

5. 高度なセキュリティ
SecureStorageは、ビジネス向けに最適化されており、安全なデータ通信と保管、共有に有効な高度なセキュリティを適用しています。
Companies and corporate online storage “SecureStorage (hereinafter SS)” is, with reference to your security policy secure and efficient file management and sharing, a cloud service that can achieve document use.
By utilizing the SecureStorage, to realize a secure file sharing and cost savings than ever before, enhanced enterprise mobility, can improve employee productivity.
■ management console

1. dashboard
Such as user / device / access source of network you access to SecureStorage provides a summary that can be understood at a glance.

2. User login history
Such as the presence or absence of unauthorized access is the ability to refer to the user login history.
The login history, authentication result, user name, device, location, date and time will be recorded as a log.
By checking the log at the time of login “who” accessible from the “when” “where” “any device”, you can understand the information and the like.

3. file upload, download history
Upload files from the user, it is the ability to see the download history.
Such as “file name”, “upload / download”, “User Name”, “device type”, “date and time”, “file size”, and record a detailed log.

4. The file link query function
This function is used to refer to a file link history created by the user.
The history information is displayed “file name” “user name”, “size”, “date”, “download count”.

5. User management
This function is used to register the user / group information. You can set such as “ID”, “name”, “password”, “email address”, “capacity”, “authority”.

6. emergency account lock
For emergency response, in order to prevent information leakage, the administrator is the ability to disable force an immediate account of the target user.

7. shared folder management
Configured to allow access “user only has access” inside and outside the company, you can manage. You can secure file sharing.

8. Security management

Password policy
So that the user can strictly manage the password with reference to the security policy of the company, it provides configuration functions of the various password policy.

And authority management
For each group “link creation (transfer)”, it is possible to grant the privileges of the “Create folder”.

Device authentication
You can control the device to access the SecureStorage in accordance with the device usage policies within the enterprise.

And setting of the network policy
By dividing the IP address that is used by companies in the group, you can register to another base. In addition, you can set to allow access to the SecureStorage only the IP address registered to another base.

■ user function

1. remote connection to the PC
To the personal computer in the log in your account, other PC, you can access from a mobile device. It will be possible to refer to files while away from home.

2. your own file storage “My Box”
My box is an area that is assigned as a cloud storage dedicated to each employee.
And cloud backup of important data, PC when you need a storage file, it is possible to freely access from a mobile device.

3. safety and the flexibility to take advantage of the shared folder
It offers a variety of functions that can achieve a secure file sharing both inside and outside the company.
By the administrator to set for the user access to the shared folder, it becomes possible restrictions on the display and access of files for each user.
The user will be able to upload / download files within the range of access rights.

4. optimal link function in the file transfer and sharing
You can transfer large files with only a simple operation. You can issue that can be downloaded URL to the destination of the file.
Because at the time of link creation that can be delicate security settings such as “password”, “the number of downloads,” “date”, you can more secure file transfer.

5. Advanced Security
SecureStorage is optimized for business, secure data communication and storage, and application of an effective advanced security to share.
新バージョン 1.1.0 の主なアップデート内容
・リンク送信後のアクセスログに受信者のメールアドレスを表示
・承認ワークフローを適用している場合リンクおよび添付ファイル送信機能の改善
・拡張子やファイルサイズでアップロードファイルを制限する機能を追加
・パスワードリセットのメールが英語・韓国語に対応

 

最小 PC 要件

最小: お使いのデバイスは、最高の経験 OS のためのこれらの要件を満たす必要があります-Windows の10バージョン10586.0 またはそれ以上の, Xbox one.

アーキテクチャ: x64、x86

 

PC 上で QualitySoft SecureStorage を使用する方法

 

あなたは、あなたの PC で QualitySoft SecureStorage のようなアプリケーションを使うことを夢見ていますか?pc-Windows または MAC での作業 QualitySoft SecureStorage を取得するには、以下の手順に従ってください。
 

[wp_ad_camp_1]

 

1. これらの Android エミュレータのいずれかをダウンロード

 

推奨:

i. Bluestacks: ダウンロードはこちら
ii. Nox ( より高速なのでお勧め ): ダウンロードはこちら

このアプリケーションは、PC/Mac ユーザーのために利用できて、そして作り付けのグーグル PlayStore を持っています。これは、コンピュータ上の電話のように動作し、あなたのコンピュータ上で QualitySoft SecureStorage を実行できるようになります。

インストールプロセス全体で、アクティブなインターネット接続が必要です。

 

2. エミュレーターアプリをコンピューターにインストールする

これは、インターネット接続と PC に応じて2〜5分かかる場合があります。アプリを起動し、Gmail でサインインします。

 

インストール手順:

3. Bluestacks ホーム画面で、検索アイコンをクリックし、 “QualitySoft SecureStorage ” を入力して、[検索] をクリックします。[インストール] をクリックして表示される多くのアプリケーションから適切なアプリを選択します。

4. ダウンロードしたすべてのアプリケーションがホーム画面に表示され、エミュレーターの “マイアプリ ” タブを使用して最小化またはアクセスできます。

5. アプリを起動し、pc で QualitySoft SecureStorage の使用を開始します。

 

パソコンでアプリを楽しもう!!!

 

BlueStacks は安全ですか?

Bluestacks は、Windows または Mac デバイス上で Android アプリやゲームを実行するためのエミュレータです。ウィルスでも何でもないそれは完全にリスクフリーです。



1. BlueStacks を使用して PC に QualitySoft SecureStorage をインストールします。


BlueStacks は、あなたが PC 上で Android アプリを実行することができますアンドロイドアプリプレーヤーです.Bluestacks を搭載した PC にアプリをインストールする手順は次のとおりです。

  • 開始するには、 PC 用 BlueStacks をインストール
  • PC で BlueStacks を起動する
  • BlueStacks が起動したら、エミュレータの [マイアプリ] ボタンをクリックします。
  • 検索する: QualitySoft SecureStorage
  • QualitySoft SecureStorage アプリの検索結果が表示されます。インストールする
  • あなたの Google アカウントにログインして、Bluestacks で Google Play からアプリをダウンロードしてください
  • ログイン後、インターネット接続に応じて QualitySoft SecureStorage のインストール処理が開始されます。


APK ダウンロードリンク




QualitySoft SecureStorage のアプリ情報

アプリ 名 QualitySoft SecureStorage
パッケージ名 jp.co.quality.ismcloudscs
バージョン 1.0.8
評価 ( 1 )
サイズ 14.4 MB
要件 Windows 10/8/7, Windows Surface, Mac 0S
更新
インストール 100+
カテゴリー Apps, Productivity