Getting Over It

Getting Over It - パソコン用

  • カテゴリ: Games
  • 最終更新日: 2021-07-26
  • 現在のバージョン: 1.14
  • ファイルサイズ: 181.31 MB
  • 開発者: Bennett Foddy
  • 互換性: Windows 11, Windows 10, 8, 7 + MAC
累積的なユーザー評価:

4/5

4
4,402 レビュー

約 Getting Over It

         

特定の人に向けて、 誕生した、ゲーム。 特定の人を、傷つけるために。 • ハンマーと大釜だけで、壮大なる山を制覇 • 問題に対する少し哲学的なコメントも随所に登場 • 実力に応じて、2時間〜最大で無限に続く苦痛の時間(試験者の最速クリア時間は5時間…しかし平均値は…ほぼ無限) • 全ての成果が瓦解する(幾度となく) • 今まで味わったことのないレベルの葛藤



PC上で Getting Over It のための互換性のあるAPKをダウンロードしてください


ダウンロード 開発者 評価 スコア 現在のバージョン アダルトランキング
↓ PC用のAPKをダウンロード Bennett Foddy 4402 4.25943 1.14 4+

ダウンロードとインストール あなたのWindows PCで


Getting Over It のようなアプリをWindows PCにダウンロードしてください!以下から直接ダウンロードしてください:

SN ソフトウェア ダウンロード 評価 開発者
1. Muse Getting Data Example Muse Getting Data Example 다운로드 /5
0 평가
Interaxon
2. Getting Started Editing Course For DaVinci Resolve Getting Started Editing Course For DaVinci Resolve 다운로드 /5
0 평가
AskVideo.com
3. Getting Started Course For DaVinci Resolve. Getting Started Course For DaVinci Resolve. 다운로드 1/5
0 평가
AskVideo.com
上記のソフトウェアは、あなたの要件を満たしていませんか?お使いのPCでGetting Over Itを使用するには、以下の手順に従ってください。


あなたのWindowsコンピュータで Getting Over It を使用するのは実際にはとても簡単ですが、このプロセスを初めてお使いの場合は、以下の手順に注意する必要があります。 これは、お使いのコンピュータ用のDesktop Appエミュレータをダウンロードしてインストールする必要があるためです。 以下の4つの簡単な手順で、Getting Over It をコンピュータにダウンロードしてインストールすることができます:


1: Windows用Androidソフトウェアエミュレータをダウンロード

エミュレータの重要性は、あなたのコンピュータにアンドロイド環境をエミュレートまたはイミテーションすることで、アンドロイドを実行する電話を購入することなくPCの快適さからアンドロイドアプリを簡単にインストールして実行できることです。 誰があなたは両方の世界を楽しむことができないと言いますか? まず、スペースの上にある犬の上に作られたエミュレータアプリをダウンロードすることができます。
A. Nox App または
B. Bluestacks App
個人的には、Bluestacksは非常に普及しているので、 "B"オプションをお勧めします。あなたがそれを使ってどんなトレブルに走っても、GoogleやBingで良い解決策を見つけることができます(lol). 


2: Windows PCにソフトウェアエミュレータをインストールする

Bluestacks.exeまたはNox.exeを正常にダウンロードした場合は、コンピュータの「ダウンロード」フォルダまたはダウンロードしたファイルを通常の場所に保存してください。
見つけたらクリックしてアプリケーションをインストールします。 それはあなたのPCでインストールプロセスを開始する必要があります。
[次へ]をクリックして、EULAライセンス契約に同意します。
アプリケーションをインストールするには画面の指示に従ってください。
上記を正しく行うと、ソフトウェアは正常にインストールされます。


3:使用方法 Getting Over It - Windows PCの場合 - Windows 7/8 / 8.1 / 10

これで、インストールしたエミュレータアプリケーションを開き、検索バーを見つけてください。 今度は Getting Over It を検索バーに表示し、[検索]を押します。 あなたは簡単にアプリを表示します。 クリック Getting Over Itアプリケーションアイコン。 のウィンドウ。 Getting Over It が開き、エミュレータソフトウェアにそのアプリケーションが表示されます。 インストールボタンを押すと、アプリケーションのダウンロードが開始されます。 今私達はすべて終わった。
次に、「すべてのアプリ」アイコンが表示されます。
をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。
あなたは アイコンをクリックします。 それをクリックし、アプリケーションの使用を開始します。



Getting Over It iTunes上で


ダウンロード 開発者 評価 スコア 現在のバージョン アダルトランキング
¥610 iTunes上で Bennett Foddy 4402 4.25943 1.14 4+

Android用のダウンロード

アプリ レビュー


  • バイ tenn haru
    5

    本当にこのゲームは心に残った

    動画で見てスマホ版で遊んだが始めたては最初の木すら登ることが困難だったが、時を重ねていくうちにつき進んでいけるようになった。何度も最初の地まで転落しては登り、、、 そうして私は蛇のいる所にたどり着いたが、その蛇になにか気にかかり、何を思ったかそれを伝ってみる事にした。ざざと降って行った先にあったもの、それはゴールでも、そこから進んだわけでも無かった。このゲームの始まりにたどり着いてしまったのだ。私は深い後悔だけが頭に残るばかりでしたがしばらくした後にここからが本当のスタートだったのだと。そもそもの話この主人公は何者なのかと。様々な疑問が浮かび上がって仕方なくなり、私はこのゲームを一時期遊ばなくなってしまった。いや、このゲームにおいて遊ぶという概念は無いのかもしれない、生き抜くと言う方が私はしっくりきた。私はこの瞬間このゲーム内での「生き抜く」を諦め、死んだといっても過言ではない。いつしか私はこのゲームのことを忘れかけてしまっていた。そのとき、このゲームの動画を見かけた。その人は諦めずに戦っていった結果、このゲームをクリアしていた。 ああ、私はなんて諦め早いのだと、自分に呆れた。 気が変わった私はこのゲームを始めた。最初の地に私はいた。 当たり前だ、私はそこで諦めてしまったんだから。 何故か私のプレイスキルは鈍ってはいなかった。実は心の奥底でこのゲームの事をずっと気にかけていたのかもしれない。 何度も転落しそうになったが、スイスイ進むことができた。 そうして例の場所に来ていて、同じ過ちは繰り返さぬと、油断はしなかった。上にぶら下がっていたバケツを駆使して突き進み、私は気がつけば無重力の空間にいた。宇宙の先には何があるのだろうと隕石を蹴って、まるで天国に召されるように上がっていった。 鼓動が高鳴り、私はハッとした。そう。そこにはゴールが待っていたのだ。私は感動した。やり遂げた。途中で諦めてしまったこともあったが、それでも私は成し遂げた。 だけど、このゲームの真の始まりは、ここからだと言うことを、 今の私は知る由もなかった。



  • バイ ps5 pay
    5

    難しいけどそれが良い

    人生で初めて課金して買ったゲームがこれだった。初めはクリアなんて簡単だろうと思っていた。しかし、今までにない操作性と苦痛がその思いをすぐに打ち破った。始めてから30分たっても、私はまだ花崗岩の所にいた。いくらやってもクリアできない。登れても凡ミスで全てやり直し。私は挫折を味わった。やがて嫌気がさして、ゲームをやめた。操作が嫌だったわけじゃない。作者の言葉が嫌だったわけじゃない。何度やってもクリアできない自分が嫌だった。だからやめた。逃げるようにやめた。しかし、10分もたてばまたこのゲームを開き、また登ろうとした。不思議な感覚だった。さっきの怒りを覚えているはずなのに、もうこんなゲームやらないと思ったのに、私はまた登り始めていた。そして、何度も繰り返すうちにコツを掴む。ぎこちない動きでゆっくり確実に登る。これで良かったのだ。登れればいい。とにかく頂上を目指した。そうやっていくうちに、少しずつ登っていく。そして新しいところに着くと、作者が話しかけてきた。この時にかけてくる言葉が私にとっての唯一の救いだった。なぜなら、自分は登っていると感じられるからだ。手が震えた。喜びを感じていた。しかし、同時に恐怖も感じていた。「ここから落ちたら」、そう考えると、動きが止まる。しかし、それでも登るしかない。それしかこのゲームをクリアする方法が無いのだから。時には動画を見た。攻略サイトだって何個も回った。そして頭頂した。15時間。最初の頭頂に要した時間だ。私は今だって覚えてる。ベッドの上で喜びを噛み締めた。こんなに喜んだのはいつぶりだったろうか。とにかく嬉しかった。私は登ったんだ。そうして喜びを噛み締めながら、私は頭頂を再開した。なぜまたやり始めたのか。それは分からなかった。とにかく登りたいと思っていた。そうして2回目の挑戦を開始した。今度は違う。一度登れたのだから、今度だって登られるはず。そう思って始めた。今度は手が震えなかった。いくら落ちても平気だった。ぎこちない動きだったが、確実に登れるからだ。そうして、1時間半くらい頭頂した。意外とあっけなかった。すぐに終わったと思った。そしてまた始める。そんなことを繰り返すうちにどんどん成長していくのが分かった。とても分かりやすかった。なぜなら、このゲームには、どんな強化アイテムも課金アイテムもないからだ。己の能力のみがクリアする条件。作者の言った通りだった。他人のやり方を見ても自分ができなきゃ意味がない。だから何度も挑戦してコツを掴んでいった。そうやっていくうちどんどんクリア時間が短くなり、クリア回数が増えていった。初めてから1年と少し。今では、最短5分半、150回以上クリアしている。これだけやっているのも、自分の成長が感じられるからだろう。未だにすんなり登れる場所というのは限られている。5分台でクリアしたのはほとんど奇跡だと言って良い。これら全てを攻略して、納得するタイムが出せるまで、私はこのゲームをやり続けるだろう。私はこのゲーム買って良かったと思っている。



  • バイ Raom Lemon
    5

    人生の教科書

    18時間半かけてやっと登り切りました。もう言葉では表せない感動です。 ゲーム自体は5回もアンストしました。そのレベルで心を折ってきます。本当に登って意味があるのだろうかと何回も思い、自分は言い訳ばかり探してこのゲームから逃げることだけを考えてました。しかし、今まで自分の行動を振り返って見ると、なんだ逃げてばかりではありませんか。勉強からも逃げて目標からも逃げて夢からも逃げて...。もう嫌になるくらい人生から逃げてました。逃げてどうかになると思ってました。それをどうにか断ち切りたかった。そしてもう一度このゲームに立ち向かったのです。 最初はただただ辛かった。登っても登っても落とされるばかり、ゴールすら見えてきません。何度も諦めようと思ってしまいました。でも自分はやめようとしませんでした。不思議と努力することが苦で無くなったからです。そして、落とされて初めて気づくことがあります。「あれ、こんなにここ早く登れたっけ?」これが成長だと思いました。ここで自分はひたすらに感激しました。今まで努力すらしなかった自分は初めて努力してそれを勝ち取ったと。それから、ただひたすらに山を登るという作業に自分は熱中していました。 しかし、最後の電波塔で自分は限界を迎えます。朝から18時間もぶっ通しでやってるわけですから、体にボロが出てきたのです。視界はかすれ、手は痙攣し、足が痺れ、まともに動けたものではありませんでした。休日を全てこのゲームに捧げたんだと初めて気づき、自分は疲れ果てて眠りにつきました。 そして迎える朝。緊張の一瞬。自分は丁寧に電波塔を登り、ついに宇宙に解き放たれました。キラキラと光る星たちが自分を迎えてくれました。ただただ美しかった。そして流れるスタッフロール。あまりの感動に声を上げました。「登った!!登り切った!!」自分は努力して逃げずに登り切ったのだと自信が溢れてきました。 最後に言いたい。このゲームは人生の教科書です。人はどうしても立ち向かわないといけない時があります。逃げてるだけだと見えない景色があります。 さあ、このゲームを始めてその景色を見ようじゃありませんか。 「努力した先がこんなにも美しかったのか」と。



  • バイ ti Only1
    5

    僕の腐った根性を叩き直してくれた

    僕は大体どんなこともまともに続けることが出来ず、努力もしないで諦めてばかりでした。でもそんなダラけた僕の生活が僕は嫌だった。そんな自分がとても嫌いだった。少しでもいいからこんな僕を変えて欲しい、そう思ってたまたまYoutubeで出会ったのがこのアプリ。やり込み甲斐がありそうだからと、少しの期待を持ってこのアプリを初めてみた。知っての通りこのゲームはすごく難しい。普段の僕であれば少しやってから、あーこんなんクリアできるわけないやろと直ぐに諦めてしまうところを僕は不思議とプレイし続けていた。なぜか。それは挑戦している対象がゲームであったことと1番大きかったのは続けていくうちにぎこちなく、なかなか思い通りにいかなかった僕の壺男がだんだんとスムーズに、そして自分が思ったように動いてくれるようになってきたことだ。だんだんと思い通りに動くようになるそんな感覚に僕はハマり抜け出せなくなっていった。昨日より今日、今日より明日というようにだんだん上手くなり、何事も続けることができなかったこの僕が気付けばほぼ毎日このアプリを開いていた。もちろん何回いや何十回と1番下まで落ちて何回もやり直した。でも僕は諦めずに続けたそしてこのレビューを書いている今、僕はクリアすることができた。その瞬間の感動と興奮はいつまで忘れることはないだろう。僕は今まで一度もレビューなんて書いた事がない。そんな僕でも、思わずレビューしたくなった。僕のダラけた根性を叩き直してくれてありがとう。開発者様にこのレビューを捧げます。



  • バイ 意外と返信が来る
    3

    4回クリアしての感想

    初回クリアまでに約20時間。2回目以降は1時間程度でクリア。 難しさとイライラは他の方が説明している通りです。 結論から言うとスマホでやるゲームではないです。加速度なし、感度低めに設定しないとスマホでは操作しにくい。ですが、この設定だと先端がブレて意図せず吹っ飛ぶリスクが常につきまとう。そのために浮かしジャンプの時は緊張しながら指へ滅茶苦茶に圧をかけて疲労します。ハンマーを壁に当ててしまうと人を反対方向に飛ばすパワーが異常なまでにあり、いきなり全てが水の泡になることも… PSといってしまえばそれまでですが、コツを知らなかったせいで大損してきたことが後から後から判明してくるタイプのスキルです。 コースからしてプレイヤーが何度も落ちて戻ってくるように設計されているのですが、その設計にイライラしてゲームをやめた人も大勢いるはずです。 多大な時間をかけてやるゲームではないです。


keyboard_arrow_up